2009年06月23日

小塩山

kyoto-oshio0a.JPG
kyoto-oshio0b.PNG


スタート地点:勝持寺手前からの分かれ道奥の車止め
ゴール地点 :頂上アスファルトが切れるあたり
標高差 :413m   距離 :5.6km
平均斜度:7.4%  最高斜度:約15%弱?

おしおやま。カタクリの群生地で有名。府道141号小塩山大原野線となる。
途中、京都盆地を見下ろしながら走る景観はおそらく京都のコース一。
序盤は勾配が強く、後半は勾配が緩む。
途中、小塩山までの距離を示す看板がある。
入り口に車止めがあるため、車通りは皆無。廃道化している。
時折ハイカーやオフロードバイク、猿がいるぐらい。
その分、道は荒れ放題で枝、堆積物、落石などが全コースにわたって多く、
慎重に走る必要がある。

kyoto-oshio01.JPG
スタート地点の車止め。右側の隙間から入ってスタート。
スタート地点までもかなりきつい坂を登らなければいけない。
スタート直後から勾配は強め。

kyoto-oshio02.JPG
小塩山まであと5kmの看板。序盤の勾配は10%を越え、強い。

kyoto-oshio03.JPG
小塩山まであと4kmの看板。この直後のヘアピンは傾斜がきつめだが、
これを越えるとやや勾配が緩む兆候が出てくる。

kyoto-oshio04.JPG
小塩山まであと3kmの看板。ほぼ中間地点。この後少しいくとヘアピン。

kyoto-oshio05.JPG
ヘアピンを越えると勾配がかなり緩くなる。スピードアップを。

kyoto-oshio06.JPG
小塩山まであと2kmの看板。後半の勾配平均は5%強ぐらい。

kyoto-oshio07.JPG
小塩山まであと1kmの看板。かすれて読めない…。
終盤は所々勾配が軽く強まるが、前半区間ほどのきつさはない。

kyoto-oshio08.JPG
終盤のゴール500m手前のヘアピンを越え、写真の鉄塔前(100m前)を
過ぎるとまもなくゴール。

kyoto-oshio09.JPG
ゴール地点。アスファルトがここで切れる。

kyoto-oshio10.JPG
左奥に歩いていくと、淳和天皇稜。
自転車を置いて十分歩いていける距離だが、非舗装なのでこけないように。

kyoto-oshio11.JPG
スタート地点手前近くにある勝尾寺(しょうじじ)。
別名、花の寺。桜の名所として有名。

kyoto-oshio12.JPG
荒れ放題の道。秋は落ち葉があり、特に走りにくい。ゆっくり下ること。
posted by hillclimb TT at 20:40| 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月22日

裏花背

kyoto-urahanase0a.JPG
kyoto-urahanase0b.PNG


スタート地点:上仲商店前(隣にGS)
ゴール地点 :峠ピーク(電光掲示板前)
標高差 :383m   距離 :8.8km
平均斜度:4.3%  最高斜度:10%弱?

花背峠を国道477号にて北側から花背別所の集落を経て登るコース。
京都府の国道・舗装路の峠として府下で最も標高が高い。
交通の便が悪いので、TT前にある程度の体力消耗が強いられる。
前半はごく緩い登り。集落内に入ると勾配がやや強まりそのまま山道に入るが、
急坂は基本的に無いと考えてよい。
路面は比較的良好だが、峠付近の舗装はやや痛みがち。
交通量も少なくは無い。スピードを出している車も多いので注意。
道幅は基本広めだが、集落内はやや狭いところがある。
気温が京都市内より5〜10℃は低いので、春秋は要防寒装備。

kyoto-urahanase01.JPG
スタート地点の上仲商店。峠付近では補給が出来ないのでしっかり補給を。

kyoto-urahanase02.JPG
スタート後すぐの分岐を右折し橋を渡る。

kyoto-urahanase03.JPG
森に囲まれた広い緩やかな登り・平坦区間が長く続く。

kyoto-urahanase04.JPG
山の家グラウンド付近。ここまで約4km、以後暫く別所集落内を走る。

kyoto-urahanase05.JPG
5km過ぎの花背山の家前。勾配が少し強くなる。

kyoto-urahanase06.JPG
花背そば前。道路は少し狭く勾配も意外と強め。

kyoto-urahanase07.JPG
6.4km地点過ぎの電光掲示板を通過後、山道に入る。
舗装は軽く荒れてくる。6〜7%の勾配のつづら折れが続く。車に注意。

kyoto-urahanase08.JPG
旧道別れ。残り1.5km。

kyoto-urahanase09.JPG
ゴールの電光掲示板前。
さらにすすむと表花背を下り、鞍馬方面へ。
posted by hillclimb TT at 02:09| 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月21日

雲ヶ畑

kyoto-kumo0a.JPG
kyoto-kumo0b.PNG


スタート地点:京都バス高橋バス停前
ゴール地点 :京都バス岩屋橋前(分岐あり)
標高差 :194m   距離 :8.7km
平均斜度:2.2%  最高斜度:約7%?

京都府道61号京都京北線。
登録コース中、最も平均斜度が低い高速コース。峠と思わなくて良い?
人によって平均速度は30kmを越える。
細かなアップダウンのある緩斜面を賀茂川上流沿いに走る。
初心者でもそれほど苦なく走行が可能。
路面は一部で荒れているが概ね良好。車どおりも少ないが、道幅は狭いので注意。

kyoto-kumo01.JPG
スタート地点の高橋バス停。目立たないので行き過ぎないように注意。
公園北の橋(高橋)をわたってすぐ。

kyoto-kumo02.JPG
800m地点の山幸橋の分岐。ここまでは片側2車線で道幅・路肩が広い。
クリーンセンター近くなのでゴミ収集車がいっぱい走っている。

kyoto-kumo03.JPG
山幸橋を越えると川沿い、時に林の中の道を通りながら緩い登りが続く。
写真は2.8km地点の大岩付近。

kyoto-kumo04.JPG
4km過ぎの砂ヶ瀬。すこし手前に湧き水ポイント有り。帰りに寄るも良し。

kyoto-kumo05.JPG
勾配がきついところでも5%強ぐらいでそれほど長くは続かない。
惰性で登れる坂も多くあり。

kyoto-kumo06.JPG
6.4km地点の出会橋付近。雲ヶ畑集落を走る。

kyoto-kumo07.JPG
持越峠への分岐点。案内看板あり。ここから残り約1kmなので全力で。
帰りは持越峠方面からR162号あるいは裏京見峠に行くのも良し。
ただし持越峠は13%の激坂コース。右手に無量寿院を越すと残り300m。

kyoto-kumo08.JPG
ゴールの岩屋橋バス停。洛雲荘・分岐が目印。自販機あり。
posted by hillclimb TT at 18:41| 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月20日

花背峠

kyoto-hanase0a.JPG
kyoto-hanase0b.PNG


スタート地点:鞍馬温泉 看板前
ゴール地点 :峠ピーク(電光掲示板前)
標高差 :504m   距離 :5.8km
平均斜度:8.6%  最高斜度:約15%?

鞍馬寺奥のくらま温泉前から花背峠のピークまで登るコース。
京都でも人気コースの一つとなっている。
「ヘアピン酷道」の百井の別れがあることでも有名。
京都府の国道・舗装路の峠として府下で最も標高が高い。
1km過ぎから10%近い直線的な登りが続き、終盤はつづら折れが続く。
舗装はやや痛みが多く悪い。交通量は意外と多い。
道幅はそこそこ余裕があるが、一部狭い。バスが通ることもあり注意。
気温が京都市内より5〜10℃は低いので、春秋は要防寒装備。冬季積雪あり。

kyoto-hanase01.JPG
スタート地点。鞍馬寺よりすこし登った所。くらま温泉の看板からすタート。
市内方面からスタート地点までも少し登ることとなるので体力の温存を。

kyoto-hanase02.JPG
扶桑橋までは勾配は緩め。

kyoto-hanase03.JPG
1km地点先の扶桑橋バス停を越えて少しすると本格的な登りが開始。

kyoto-hanase04.JPG
がっつり登る。古道橋バス停前がほぼ中間地点。

kyoto-hanase05.JPG
峠下の二連ヘアピンを越えるとまもなく百井の別れ。4km地点となる。
奥から来た国道477号線が右側分岐方向へヘアピン状に曲がる。
切り換えしている車がいることも。道なりに左に登る。
右奥に進んだ百井峠は悪路の超激坂。

kyoto-hanase06.JPG
百井の別れ先の峠下バス停付近よりつづら折れが続いていく。
つづら折れ途中に湧き水ポイントあり。

kyoto-hanase07.JPG
ゴール手前、最後のつづら折れのヘアピン。ここを越えると残り約250m。
勾配もやや緩むので全力で。

kyoto-hanase08.JPG
ゴール。手前の電光掲示板前がピークとなる。
先に行くと裏花背コースを下り、花背方面へ。

kyoto-hanase09.JPG
鞍馬寺。タイムが遅かったら天狗の仕業。

kyoto-hanase10.JPG
京都バスがチャイムを鳴らしながら通っていく。狭い区間での離合に注意。

kyoto-hanase11.JPG
クマー

kyoto-hanase12.JPG
百井峠。悪路の超激坂。素人にはおすすめできない。酷道マニア向け。
posted by hillclimb TT at 22:20| 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月19日

切山

kyoto-kiriyama0a.JPG
kyoto-kiriyama0b.PNG


スタート地点:国道163号ラブホテルのある分岐
ゴール地点 :三国越林道との合流三叉路
標高差 :350m   距離 :3.6km
平均斜度:9.6%  最高斜度:約20%?

国道163号笠置すぐそばから切山の集落を経て三国越林道合流まで登るコース。
多くのカーブ・つづら折れとアップダウン繰り返しながら登っていく。
集落内にはかなり強い勾配の激坂もある。
路面はコンクリートとアスファルト混合の所が多く悪目。道幅も狭い。
車どおりはたまに有るぐらい。
1km過ぎの常楽院付近に放し飼いの猛犬がいて襲ってくるので注意。
正直あまりおすすめできない。

kyoto-kiriyama01.JPG
スタート地点。ラブホ「センチュリー」のしつこいほどの看板が目印。
国道163号線沿いのサンクス笠置切山店・ドライブインリバーサイド大扇の少し西、
笠置大橋の少し東に位置する。

kyoto-kiriyama01b.JPG
右じゃないよ。

kyoto-kiriyama02.JPG
スタート後500m程、激坂のつづら折れが続く。序盤は舗装良好。

kyoto-kiriyama03.JPG
1km地点の笠木町切山第一配水池/第二共同作業所前。石柱がある。
ここからすこし先に猛犬ポイント。
集落内はかなり緩急をつけ登っていく。一部コンクリート交じりの舗装となる。

kyoto-kiriyama04.JPG
集落の終盤には15%を超える激坂もあらわれる。写真はバス停先の激坂。

kyoto-kiriyama05.JPG
2.1km地点の廃屋と小分岐のあるヘアピン。集落はここまで。

kyoto-kiriyama06.JPG
2.5km地点の八幡宮への分岐。左に登る。

kyoto-kiriyama07.JPG
3km地点付近からは山の中へ登っていく。
写真はゴール500m弱手前の空き地。終盤の勾配は比較的緩め。

kyoto-kiriyama08.JPG
ゴール200m手前に笠置町農林組合の倉庫。ゴール直前はやや勾配が強まる。

kyoto-kiriyama09.JPG
ゴール。看板あり。三国越林道コースの途中と合流する。
左に行けば和束町、右に行けば童仙房・野殿方面へ至る。

kyoto-kiriyama10.JPG
笠置大橋と木津川。序盤の景観は良い。
posted by hillclimb TT at 15:44| 京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。