2010年01月02日

エリア別分類

<北摂エリア>
勝尾寺/箕面駅側/五月山/箕面川ダム/北摂霊園/五月山北
府道110号南/府道110号北/高山/妙見山/野間峠西側/堀越峠西側
上福井〜天狗岩/天狗岩

<丹波篠山エリア>
るり峡/西峠/大野山

<生駒山エリア>
清滝峠/暗峠(大阪側)/暗峠(奈良側)/十三峠/十三峠(大竹南コース)/葡萄坂/信貴山

<交野山エリア>
交野山(府道7号)/傍示峠

<金剛山エリア>
金剛トンネル(大阪側)/金剛トンネル(奈良側)/金剛山ロープウェイ
水越峠(大阪側)/水越峠(奈良側)

<和泉葛城山エリア>
和泉葛城山(牛滝/塔原/蕎原/犬鳴/粉河/神通/中尾
鍋谷峠(大阪側)/鍋谷峠(和歌山側)

<北山エリア>
京見峠/裏花背/雲ヶ畑/花背峠/前ヶ畑峠

<西山エリア>
柳谷(長岡京側)/柳谷(大阪側)/金蔵寺/善峰寺(前半)/善峰寺(後半)/小塩山

<山城エリア>
大正池/犬打峠/木屋峠/三国越林道・西側/切山/横川林道/万灯呂山

<比叡山エリア>
山中越(京都側)/山中越(滋賀側)/小関越(滋賀側)/岩間寺

<六甲山エリア>
鷲林寺/六甲最高峰/六甲山・逆瀬川/再度山/神戸森林公園〜丁字ケ辻/蓬莱峡
渦ヶ森/芦有ゲート/塩尾寺

<長尾山エリア>
桜台/中山桜台

<丹生山系エリア>
岩谷峠(淡河側)/岩谷峠(箕谷側)

<奈良奥山エリア>
鉢伏峠(80号)/鉢伏峠

<大台ケ原エリア>
大台ヶ原ドライブウェイ/大台ヶ原(河合〜辻堂山)

<高野山エリア>
高野山/護摩壇山(北側)/護摩壇山(南側)

<加太半島エリア>
大川峠/猿坂峠/四国山
【関連する記事】
posted by hillclimb TT at 11:58| エリア別分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月31日

十三峠

osaka-jyusan0a.JPG
osaka-jyusan0b.PNG


スタート地点:大竹7丁目交差点
ゴール地点 :頂上の駐車場入り口
標高差 :375m   距離 :4.0km
平均斜度:9.2%  最高斜度:14.7%

じゅうさんとうげ。大阪のヒルクライマーの聖地ともいえる峠。
かなりきつい登りが細かな緩急と九十九折れを繰り返しながら続く。
頂上駐車場からは大阪平野が一望できる。夜景でも有名。
車どおりは意外と多め。カーブが多く、見通しもあまりよくないので注意。
道幅も最初のヘアピン後からは1車線となりやや狭い。
舗装は上に登るほどかなり痛みが目立っていたが、最近補修されている。
冬季登坂がほぼ可能。

osaka-jyusan01.JPG
スタート地点。すこし分かりにくいのではじめて行くときは地図を。
水越東交差点から行くと分かりやすいかと。
スーパー万代前の細い分岐を道なりに南西方向に進んでもOK。

osaka-jyusan02.JPG
大阪経済法科大学横の坂を登っていく。まだ勾配は緩め。

osaka-jyusan03.JPG
1km過ぎのヘアピン。出口側は急勾配。ここで大竹南コースと合流する。
ここを過ぎると1車線となり、10%を超える本格的な登りが始まる。

osaka-jyusan04.JPG
延々と10%強程度の登りが細かい緩急をつけながら続いていく。

osaka-jyusan05b.JPG
中間地点過ぎの2.3km地点のヘアピン。

osaka-jyusan05.JPG
ヘアピン出口から一時的に少し勾配が緩み、スピードアップ可。

osaka-jyusan06.JPG
3km過ぎの水呑地蔵尊駐車場前。
この手前から再度つづら折れがはじまり、勾配も再び強まる。

osaka-jyusan07.JPG
大阪府民の森のゲートがあるゴール250m前の最後のヘアピンを越えて
少し登り、駐車場が見えてくると勾配が緩んでくる。最後のもがきを。

osaka-jyusan08.JPG
頂上付近の駐車場入り口がゴール。きれいな景観ときたないトイレあり。
さらに少し登ると信貴生駒スカイラインをくぐり、
平群町・信貴フラワーロード方面へ下ることが出来る。

osaka-jyusan09.JPG
頂上駐車場から大阪平野を望む。景色目当てに登って来る車も多い。
条件がよければ明石大橋がみえることも。
posted by hillclimb TT at 23:35| 大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

清滝峠

osaka-kiyotaki0a.JPG
osaka-kiyotaki0b.PNG


スタート地点:中野ランプ北
ゴール地点 :頂上交差点の横断歩道
標高差 :218m   距離 :3.2km
平均斜度:6.7%  最高斜度:10.3%

国道163号(清滝生駒道路)清滝トンネル開通前の生駒山地を越える旧国道の峠。
アクセスの良さや走りやすさから、多くの自転車乗りの練習の場となっている。
大阪の自転車乗りが木津方面へ抜けるのにも多用される。
以前は走り屋も多くいたが、取締りが厳しくなり、最近は下火となっている。
中盤はほぼ均一勾配の直線的な坂が続き、終盤のつづら折れ区間では勾配が緩む。
車通りははやや多い。トラックやバスも通るものの片側1車線で路肩も広めなので
比較的安全に登坂出来る。
路面は良好だが、つづら折れ区間の路肩はゴミが多め。
冬季登坂も可。

osaka-kiyotaki01.JPG
スタート地点の中野ランプ北。交差点名の看板あり。
中野ランプ南側からも登れるが、一方通行区間で逆走となるので避けること。

osaka-kiyotaki02.JPG
スタート直後は比較的緩斜面。アウターで登ることも可能。左の側道を登る。

osaka-kiyotaki03.JPG
高架横の道をつきあたりまで行き、道なりに右折。

osaka-kiyotaki04.JPG
更に道なりに左折すると短いながらも10%を越えるコース一番の急勾配。

osaka-kiyotaki05.JPG
急勾配の坂を登りきり右折すると楠公里交差点。信号あり。横断に注意。

osaka-kiyotaki06.JPG
1/3地点の清滝橋交差点。信号あり。この付近は路面バンプが多め。
この後、クリーンセンター前まではほぼ一定勾配で直線的に登っていく。
一定ペースで我慢の登坂。

osaka-kiyotaki07.JPG
中間地点のラブホテル。通称、ホテルG.

osaka-kiyotaki08.JPG
クリーンセンターを越えるとつづら折れが開始。残り1km。

osaka-kiyotaki09.JPG
つづら折れに入ると若干勾配が緩むのでスピードアップを。

osaka-kiyotaki09b.JPG
民家がある最終コーナー。民家を越えると最終ストレート。
ほぼ平坦。もがくのにちょうど良い距離。

osaka-kiyotaki10.JPG
ゴール地点の交差点。車が信号で詰まっていることがあるので注意。

osaka-kiyotaki11.JPG
つづら折れより大阪平野を望む。夜景も楽しめる。ナイトクライムも可。
posted by hillclimb TT at 22:00| 大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

葡萄坂

osaka-budo0a.JPG
osaka-budo0b.PNG


スタート:大県南交差点
ゴール:関西電力信貴変電所前
標高差 :290m   距離 :3.8km
平均斜度:7.4%  最高斜度:12.3%

柏原市からぶどう園が広がる信貴山の西側斜面を緩急をつけながら登るコース。
中腹からは大阪南部の景色も楽しめ、多くの自転車のりが集う人気コース。
片側1車線だが休日を含め交通量はそこそこ多めで、ダンプが通ることも。
路面は概ね良好だが、路肩は狭い。

osaka-budo01.JPG
スタート地点の大県南交差点。
「うまいもんや 力」(旧・ちゃんこ 力)看板や交番が目印。

osaka-budo02.JPG
序盤の住宅街を抜け、墓場のあるヘアピンよりつづら折れ開始。
10%程に勾配が強まる。無理をし過ぎないように。1.5km地点に妙法寺の分岐。

osaka-budo03.JPG
柏原ジャンボゴルフ手前コーナーが中間地点。この付近まで急勾配が続く。

osaka-budo04.JPG
中盤は勾配が緩むのでスピードアップ。ゆるやかなくだりも。

osaka-budo05.JPG
ファミリーゴルフの建物を過ぎた2.5km地点から登り返し、終盤へ。
再び勾配が強まり、10%程の登りが続く。連続ヘアピンを過ぎると最後の登りへ。

osaka-budo06.JPG
廃棄タイヤ置き場がみえるとピークまでもうすぐ。

osaka-budo07.JPG
ピークを越え、残り300m程は下り基調なので全力で。

osaka-budo08.JPG
ゴールの関西電力前。ベンチのある休憩スペースあり。
ゴール後さらに進むとのどか村、信貴山方向へ登ることが出来る。

osaka-budo09.JPG
名物「柏原ぶどう」の巨大看板。

osaka-budo10.JPG
中腹からの景観。大和川&石川を望む。
posted by hillclimb TT at 21:39| 大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

暗峠(大阪側)

osaka-kuragari0a.JPG
osaka-kuragari0b.PNG


スタート地点:国道308号線&府道170号交差点
ゴール地点 :暗峠道標前(奈良県境)
標高差 :401m   距離 :2.4km
平均斜度:17.0%  最高斜度:28.1%(37%?)

くらがりとうげ。国道308号線の生駒山系大阪側登坂区間。
超激坂の酷道としても有名。基本、ネタ用にのぼるコース?
直線的に登っていくため、勾配がとんでもないことになっている。
登録コース一の平均勾配となっており、20%越えの傾斜が数多ある。
足つきなしで登られると自慢できます。
路面のほとんどをコンクリート舗装が占め、多くの排水溝が激坂区間を含め、
道路を横切っている。ゴール付近は石畳。下りも注意すること。
全線にわたって狭路だが、一部を除き車とのすれ違いはどうにか可能。
車どおりは意外と多い。ハイカーも多め。
クリートをはめられる横道がいくつかあり、旋回して休むのも一つ。
止まりそうになり危険を感じたときはこける前に素直に自転車を降りること。

osaka-kuragari01.JPG
スタート地点。近鉄奈良線額田・枚岡間のガードをくぐってすぐ。
一方通行だが、自転車は走行可。

osaka-kuragari02.JPG
いきなりコンクリート舗装混じりの激坂開始。序盤は一方通行の住宅地の中を登る。

osaka-kuragari03.JPG
電光掲示板&お休み処 初音前。ミクは関係ないです。
ここを過ぎると悪名高い排水溝が出現。勾配は変わらず強い。

osaka-kuragari04.JPG
道路を斜めに横切る排水溝。序盤の排水溝は特に溝が深い。
はまってこけないよう、なるべく直角に横切ること。

osaka-kuragari05.JPG
法照寺先、右手に赤い豊浦橋。この先の強烈な勾配を過ぎると若干勾配が緩む。

osaka-kuragari06.JPG
観音寺・楔行場の標石付近。再度勾配がきつくなっていく。

osaka-kuragari07.JPG
1km地点付近の赤い鳥居前。この先も厳しい激坂区間が続くので要覚悟。

osaka-kuragari08.JPG
一番の勾配とされる第一暗峠橋〜第二暗峠橋間のカーブ。
37%の勾配とも言われる。一番アウト側を通りましょう。
まだまだ超激坂は続く。

osaka-kuragari09.JPG
最大勾配地点を横から見るとこんなかんじ。

osaka-kuragari10.JPG
1.5km分岐。ここを過ぎた辺りからようやく勾配が緩んでいく。
少し進むと右手に暗峠大師堂(弘法の水)と笠塔婆あり。

osaka-kuragari11.JPG
2km前の分岐。左の細い方の道を登る。この先より集落に入る。

osaka-kuragari12.JPG
ゴールはもう少し。峠付近はかなり普通(?)の坂。道幅はかなり狭い。
勾配がきつめのところもあるがここまでこれた人なら余裕かと。

osaka-kuragari13.JPG
ゴール。大阪府と奈良県の県境となる。すぐ近くに峠茶屋すえひろ。
手前数十メートルは石畳。こけないように注意。
先に進むと奈良側へ。奈良側から降りるほうがまだ安全。
ただしこちらも激坂となる。休みながら下るように。
posted by hillclimb TT at 20:55| 大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月27日

鍋谷峠(大阪側)

osaka-nabe0a.JPG
osaka-nabe0b.PNG


スタート地点:松葉善製材所先の橋
ゴール地点 :和歌山県境(ピーク)
標高差 :430m   距離 :5.9km
平均斜度:7.4%  最高斜度:10%強?

国道480号線を大阪和泉市側より和歌山県境まで登るコース。
別名・父鬼街道(ちちおにかいどう)。
泉州のサイクリストに人気があり、聖地と称されることもある。
スキルシマノの練習コースのひとつとしても知られている。
多数のコーナーを曲がりながら登っていく。
景色の変化にも乏しく、何度も同じところを通っているような感覚に襲われる。
道幅は序盤以外はかなり狭いが、車どおりは少なめ。
見通しが悪く、下りは注意が必要。路面はやや荒れが強い。

osaka-nabe01.JPG
スタート地点手前の松葉善製材所。

osaka-nabe02.JPG
松葉善製材所のすぐ先の橋を渡ってスタート。

osaka-nabe03.JPG
序盤は道幅は広く、勾配も緩め。所々勾配が強まる。

osaka-nabe04.JPG
車線が消えると林道区間へ。何度も似たようなコーナー、橋を繰り返す。

osaka-nabe05.JPG
暫く10%弱の勾配で登っていく。

osaka-nabe06.JPG
4km過ぎに若干勾配が緩むところがある。

osaka-nabe07.JPG
右側にコンクリート壁がある地点付近がゴール約1km手前。

osaka-nabe08.JPG
緑色のフェンスを過ぎ、青い「通行規制区間終了」の看板が見えれば
ゴールまで200m。

osaka-nabe09.JPG
ゴール県境。鍋谷峠(和歌山側)と同じゴールとなる。
先に進むと鍋谷峠(和歌山側)を下る。

osaka-nabe10.JPG
沖縄旅行に行こう。序盤1km過ぎにあります。
posted by hillclimb TT at 21:54| 大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月26日

勝尾寺

osaka-katsuoji0a.JPG
osaka-katsuoji0b.PNG


スタート地点:西田橋交差点
ゴール地点 :勝尾寺前の横断歩道
標高差 :255m   距離 :4.4km
平均斜度:5.7%  最高斜度:8.9%

かつおうじ。かつおじ、かちおじとも読まれることもある。
府道4号茨木能勢線を使った勝尾寺までの登山ルート。
北摂ヒルクライムの入り口ともいえる人気コース。
それほど勾配は強くないため、初心者でも比較的登りやすい。
勾配変化はあまりなく、最後まで5%強の勾配が続いていく。
全線片側1車線だが車通りは多目。ダンプやバスも行き交いやや危険。
路肩も狭い。遅い車がTTの邪魔になることもある。舗装は良好。
紅葉・墓参りシーズンや年始等は特に車が多く、渋滞もあるので注意。

osaka-katsuoji01.JPG
スタート地点の西田橋前。

osaka-katsuoji02.JPG
緩いカーブを繰り返しながら登っていく。緩急はそう強くはない。

osaka-katsuoji02a.JPG
1.5kmのポンプ場(白い建物)前でやや勾配が強くなる。

osaka-katsuoji03.JPG
府道43との分岐を左へ登る。残り1.5km。分岐直後は一時的に勾配が弱まる。

osaka-katsuoji04.JPG
後半も前半と同じような感じで淡々とコーナーを繰り返しながら登っていく。

osaka-katsuoji05.JPG
ゴール約200m手前の分岐・看板まで来たらあと少し、最後のもがきを。
ゴール手前の勾配はやや強め。

osaka-katsuoji06.JPG
ゴール地点の横断歩道。
奥に進むと箕面川ダム・高山方面へさらに登ることが出来る。

osaka-katsuoji07.JPG
ゴール右側に西国二十三番札所 勝尾寺。  ※リンク先、音声注意
勝運の寺として有名。山門横に売店「花の茶屋」。

osaka-katsuoji08.JPG
晩秋は車が多いものの、沿道・寺内の紅葉が綺麗。春は桜も楽しめる。
posted by hillclimb TT at 14:16| 大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月25日

五月山

osaka-satsuki0a.JPG
osaka-satsuki0b.PNG


スタート地点:料金所過ぎの藤棚横
ゴール地点 :慶光霊園入り口
標高差 :393m   距離 :6.0km
平均斜度:6.5%  最高斜度:16.5%

池田市にある五月山をドライブウェイ方面から登るコース。
五月山はハイキングコース、展望台などが整備され、
展望台からは、大阪平野が一望できる。
またサクラやツツジ、紅葉の名所としても知られており、
大阪みどりの百選にも選ばれている。
序盤は激坂、中〜後半は霊園・ゴルフ場横のアップダウンを走り、
ペースがややつかみにくい。
路面はやや悪いが道幅は広め。車どおりはそれほど多くはない。

osaka-satsuki01.JPG
スタート地点。料金所からきつい坂を数十m登ったところ。
料金所は自転車の場合、無料でゲート横をくぐることが出来る。

osaka-satsuki02.JPG
スタート横に藤棚と「一望台」の石標。

osaka-satsuki03.JPG
序盤は15%近い激坂続き。途中のヘアピンに鳥居と秀望台。

osaka-satsuki04.JPG
激坂は1km付近の五月台先の愛宕神社付近まで続く。
この後も暫く勾配はやや強めだが1.5kmを越えると下り区間も出てくる。

osaka-satsuki05.JPG
2km地点の五月山霊園前。この後も少し下り。

osaka-satsuki06.JPG
2.5km地点の日の丸展望台分岐付近。この付近の勾配は10%強で強い。
これを越え、ゴルフ場エリアに入ると5%程度にまで勾配が緩む。

osaka-satsuki07.JPG
3.7km付近の池田カンツリークラブクラブハウス前。

osaka-satsuki08.JPG
クラブハウス先は緩急のある長いストレートが続く。勾配は緩め。

osaka-satsuki09.JPG
4.8km前の箕面ゴルフクラブ分岐。少し勾配が強まる。

osaka-satsuki10.JPG
ゴルフ場を過ぎ、五月山永楽霊苑までくるともうすぐゴール。

osaka-satsuki11.JPG
ゴールの慶光霊園前。自販機あり。霊園奥に展望ポイントあり。
先に進むと五月山北あるいは箕面川ダム方面へ下ることが出来る。

osaka-satsuki12.JPG
序盤にある秀望台からの眺め。猪名川と絹延橋、さらには宝塚・六甲方面を望む。
posted by hillclimb TT at 11:23| 大阪 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。