2009年05月27日

蓬莱峡

hyogo-horai0a.JPG
hyogo-horai0b.PNG


スタート地点:大多田橋交差点
ゴール地点 :わんわん王国跡前(有馬東口バス停前)
標高差 :358m   距離 :8.4km
平均斜度:4.0%  最高斜度:15%弱?
※登りのみで獲得標高:398m 斜度平均:6.3%

兵庫県道51号宝塚唐櫃線、別名有馬街道を生瀬付近から有馬温泉手前の
芦有ゲート付近まで登るコース。
前半は比較的一定の勾配でのぼり、後半はアップダウンがある。
車どおりはやや多め。ダンプやバスも通る。
道は一部荒れはあるものの比較的良好。全線片側1車線。

hyogo-horai01.JPG
スタート地点。スタート地点に至る国道176号線は大型車が多く、
道幅も狭いので注意。

hyogo-horai02.JPG
序盤は緩い坂。採石場を越したあたりより少しずつ勾配が強まる。

hyogo-horai03.JPG
2.2km付近の座頭谷のヘアピンを超えると若干勾配が緩む。

hyogo-horai04.JPG
2つ目のヘアピンを超え、蓬莱峡バス停手前から再び勾配が強まる。
7〜8%程の一定勾配で暫く登っていく。

hyogo-horai05.JPG
船坂小学校前交差点。信号あり。
ここから船坂交差点までは10%を超えるコース一番の強い勾配。

hyogo-horai06.JPG
5.6km地点の船坂交差点。信号有り。交差点付近は平坦となるが、
少し進むと再びややきつい登り。

hyogo-horai07.JPG
竹林亭前。ここが最初のピークとなり、下り区間へ。
見通しの悪いコーナーでははみださないよう、しっかり減速を。
下りきると白水峡墓園までは強い登り。
登りきると暫く下りが続くので、限界近くまで回してもOK。

hyogo-horai08.JPG
7km地点の白水峡墓園前。以後、暫く下り。ここからロングスパートもあり。
途中一つだけ緩い登りがあるが、勢いで乗り切ることも可能。

hyogo-horai09.JPG
有馬温泉病院への分岐を過ぎると最後の登り区間へ。
勾配はやや強いが、下りの勢いを利用してゴールまでもがく。

hyogo-horai10.JPG
ゴール右手に有馬わんわんランド前。わんわんランドは08年に閉園。
さらに先へ進むと有馬温泉へ。


posted by hillclimb TT at 23:26| 兵庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月26日

六甲最高峰

hyogo-rokko0a.JPG
hyogo-rokko0b.PNG


スタート地点:甲寿橋交差点
ゴール地点 :一軒茶屋前
標高差 :627m   距離 :6.8km
平均斜度:9.2%  最高斜度:16.1%

六甲山・逆瀬川コースの中盤から走るコース。
六甲山を横断する兵庫県道16号明石神戸宝塚線となる。
コース全域のわたって10%程の長い急坂が続く。中級者以上向け。
路面は悪くないが減速帯が多数あり、走りにくいところがある。

hyogo-sakase05.JPG
スタート地点の甲寿橋交差点。
逆瀬川、あるいは鷲林寺コース方面からアクセス可能。
スタート後合流地点まで緩やかな坂。一方通行だが道幅が狭いので注意。

hyogo-sakase06.JPG
新鷲林橋の合流地点。ここからトンネル前まで5.5km、平均10%近い勾配が
続いていく。合流後は登坂車線があり、道幅は広め。

hyogo-sakase07.JPG
1.3km地点の盤滝トンネル前分岐を「六甲山左へ」の案内板を参考にして左折。

hyogo-sakase08.JPG
3km過ぎの二連ヘアピン付近。

hyogo-sakase09.JPG
10%強程の登りが延々と続いていく。

hyogo-sakase10.JPG
4.7km過ぎの芦有ドライブウェイ宝殿料金所前。道なりに進む。
西宮市の看板がみえれば急坂区間終了までもう少し。

hyogo-sakase11.JPG
鉢巻山トンネル前。急坂区間はこの手前で終了。
トンネルを抜けると残り約500m。勾配は緩むので、ラストスパートを。

hyogo-sakase12.JPG
ゴールの一軒茶屋前。
posted by hillclimb TT at 18:01| 兵庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月25日

西峠

hyogo-nishi0a.JPG
hyogo-nishi0b.PNG


スタート地点:杉生交差点
ゴール地点 :篠山市看板(ピーク)
標高差 :272m   距離 :6.1km
平均斜度:4.4%  最高斜度:10%強?

兵庫県道12号川西篠山線を杉生より西峠ピークとなる篠山市境まで
北へ走るコース。
序盤は平坦でその後しばらく緩勾配の坂を上り、奥猪名健康の郷先の
カーブより勾配が強まる。車どおりはそこそこあり。
路面は概ね良好。一部軽度の痛みがあるが、大きな問題とはならない。

hyogo-nishi01.JPG
スタート地点の杉生交差点。左手後ろにヤマザキショップ。水曜定休。

hyogo-nishi02 .JPG
序盤はほぼ平坦。

hyogo-nishi03.JPG
1.8kmの関西軽井沢ゴルフクラブ入り口付近。
この付近よりゆるい勾配で登り始める。

hyogo-nishi04.JPG
3.6km地点の西軽井沢バス停。4〜5%程度の登りが続く。

hyogo-nishi05.JPG
5km手前の奥猪名健康の郷・県道601号線分岐後の左コーナーをぬけると
6〜7%程の勾配になる。

hyogo-nishi06 .JPG
ヘアピンを越すとゴール間近。残り350m。
最終コーナー後は250mほど10%強の坂を登る。

hyogo-nishi07 .JPG
ゴールの篠山市看板前。
posted by hillclimb TT at 19:38| 兵庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月24日

六甲山・逆瀬川

hyogo-sakase0a.JPG
hyogo-sakase0b.PNG


スタート地点:逆瀬川駅前の踏切り
ゴール地点 :一軒茶屋前
標高差 :828m   距離 :11.4km
平均斜度:7.2%  最高斜度:16.1%

さかせがわ。六甲山を横断する兵庫県道16号明石神戸宝塚線を登る。
六甲山を登るルートとして最も人気のあるコース。
緩斜面からアップダウン、長い急坂とバラエティに富み、
走り応えのあるコースとなっている。中級者以上向け。
路面は悪くないが、急坂区間は減速帯が多数あり、やや走りにくい。
交通量は前半区間を中心にやや多め。数箇所信号有。

hyogo-sakase01.JPG
スタート地点の逆瀬川駅前踏切。車や歩行者が行きかうので注意。
先の橋の信号のタイミングをはかってスタートを。

hyogo-sakase02.JPG
スタート直後、右に見える橋を渡り、右岸を走る。
そのまま直進して左岸を走らないように注意。

hyogo-sakase03.JPG
序盤は4〜6%程度の比較的均一勾配の緩やかな坂。信号多め。

hyogo-sakase04.JPG
西宮ゴルフ場内はアップダウンのある区間。
下りで加速し、勢いで緩やかな坂を登る。

hyogo-sakase05.JPG
西宮ゴルフ場を抜けた4.6km地点の甲寿橋交差点。信号あり。
六甲最高峰コースのスタート地点となる。
この先、合流地点までは緩やかな坂。一方通行だが道幅が狭いので注意。

hyogo-sakase06.JPG
新鷲林橋の合流地点。ここからトンネル前まで5.5km、10%近い勾配が
続いていく。合流後は登坂車線があり、道幅は広め。

hyogo-sakase07.JPG
6km手前の盤滝トンネル前分岐を「六甲山左へ」の案内板を参考にして左折。

hyogo-sakase08.JPG
7.7km地点の二連ヘアピン付近。この近くは勾配強め。

hyogo-sakase09.JPG
10%強程の登りが延々と続いていく。

hyogo-sakase10.JPG
9.3kmの芦有ドライブウェイ宝殿料金所前。道なりに進む。
西宮市の看板がみえれば急坂区間終了までもう少し。

hyogo-sakase11.JPG
鉢巻山トンネル前。急坂区間はこの手前で終了。
トンネルを抜けると残り約500m。勾配は緩むので、ラストスパートを。

hyogo-sakase12.JPG
ゴールの一軒茶屋前。
posted by hillclimb TT at 17:56| 兵庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月23日

渦ヶ森

hyogo-uzumori0a.JPG
hyogo-uzumori0b.PNG


スタート地点:白鶴美術館前交差点
ゴール地点 :住宅街内ピーク
標高差 :228m  距離 :3.4km
平均斜度:6.6%   最高斜度:約12〜13%?

うずがもり。渦森台をS字上に登っていくコース。
コースの大部分で10%程の登りが続き、平均斜度の数値以上にきついコース。
中間には下り区間がある。
ややこしそうに見えるが、基本的には道なりに進めば良いので迷わない。
車どおりはやや多いが頂上ほど少なくなる。バスがやや多め。
舗装は良好で道幅も一部除き広め。

hyogo-uzumori01.JPG
スタート地点の白鶴美術館前交差点。
東灘区役所前から住吉川沿いにかなり登ったところにある。

hyogo-uzumori02.JPG
最初の橋を渡ると勾配が強まり、10%ほどの勾配で登っていく。
写真は800m過ぎの赤塚橋交差点。信号あり。

hyogo-uzumori03.JPG
1.5km付近の渦森橋。道なりに登っていく。

hyogo-uzumori04.JPG
渦森台団地入り口の信号。ここで最初の登り区間終了。
このあとのストレートは下りとなる。

hyogo-uzumori05.JPG
ストレートがおわると右に曲がっていき、再度10%ほどの勾配の登りに転じる。

hyogo-uzumori06.JPG
2.5km地点の渦森台3丁目バス停前。X字路付近のみ勾配が一時的に緩む。
さらに道なりに登っていく。

hyogo-uzumori07.JPG
3km過ぎのバス転回所付近。この手前から勾配はかなり緩くなる。

hyogo-uzumori08.JPG
ゴールの住宅街ピークがゴール。
posted by hillclimb TT at 09:29| 兵庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月22日

芦有ゲート

hyogo-ashiari0a.JPG
hyogo-ashiari0b.PNG


スタート地点:開森橋交差点
ゴール地点 :芦屋ゲートバス停(芦屋I.C.前)
標高差 :330m  距離 :3.6km
平均斜度:9.3%   最高斜度:約15%?

ろゆうゲート。
兵庫県道344号奥山精道線で芦屋側から芦有有料道路入り口まで登るコース。
コース直後は激坂を上り、登り切ると細かな緩急はあるが
基本的には10%程の登りが三箇所の二連ヘアピンをはさんで
ゴールまで続いていく。
路面は良好だが交通量はやや多め。全線2車線だが路肩は狭め。
コース沿線にはカーブナンバーの看板がある。
最後のヘアピンからナンバーがつけられており、残りコーナー数を
カウントダウンしていく。

hyogo-ashiari01.JPG
スタート地点の開森橋(東詰)交差点。
阪急神戸線芦屋川駅北、芦屋川沿いに上ったところにある。

hyogo-ashiari02.JPG
スタートより15%近い激坂が500mほど続く。通称・ライト坂。
登り切ると一時的に勾配が緩む。

hyogo-ashiari03.JPG
1km手前の芦屋浄水場前交差点。信号有。

hyogo-ashiari04.JPG
水車台の連続カーブを抜けると約10%程の一定勾配でゴールまで登っていく。
写真は中間地点付近の水色の門。

hyogo-ashiari05.JPG
1つ目の二連ヘアピン。イン側を走る一つ目のヘアピンの勾配は強い。

hyogo-ashiari06.JPG
2つ目の二連ヘアピン。

hyogo-ashiari07.JPG
3km地点過ぎ・ゴールすこし手前の二連ヘアピン。カーブナンバー1。

hyogo-ashiari08.JPG
ゴール前分岐。看板に自転車立ち入り禁止とあるが、
ゲート前ぐらいまでなら一応OKそう。残り約100m。

hyogo-ashiari09.JPG
ゴールの芦有IC前バス停付近。路面にバス停の文字。
posted by hillclimb TT at 09:25| 兵庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月21日

塩尾寺

hyogo-enpeiji0a.JPG
hyogo-enpeiji0b.PNG


スタート地点:ローソンプラス宝塚南口1丁目店前
ゴール地点 :塩尾寺前
標高差 :305m   距離 :2.6km
平均斜度:12.0%  最高斜度:約25%?

えんぺいじ。
前半は緩急のある住宅街を縫うように走り、甲子園大学前を経て、
塩尾寺門前まで登る。
登録峠中でも屈指の激坂。難易度は高いので、初心者は避けるべき。
車どおりは殆どないが、たまにハイカーがいる。道幅は狭い。
前半は舗装は良いが、大学を過ぎると舗装も悪くなる。一部コンクリート舗装有。
終盤ゴール前はかなり砂が乗っており、きわめて危険。
前知識や地図がないと迷う可能性大。
走行前にストリートビューや当サイトで予習をしておくことが無難。

hyogo-enpeiji01.JPG
スタート地点。宝塚南口からすぐ。
後ろにローソンプラス。目の前に激坂が。

hyogo-enpeiji02.JPG
スタート後の激坂を登りきると傾斜がゆるみ六叉路へ。そのまままっすぐ進む。

hyogo-enpeiji03.JPG
六叉路直後の電話ボックスのある分岐は左側へ。

hyogo-enpeiji04.JPG
突き当たりT字路を右へ石垣沿いに登る。登り切ると短い激坂の下り。
下ったところのT字路を左へ。

hyogo-enpeiji05.JPG
橋を渡り、甲子園大学の矢印方面へ道なりに登っていく。
この先Y字分岐を左に登る。

hyogo-enpeiji06.JPG
分岐後、20%クラスの超激坂。

hyogo-enpeiji07.JPG
激坂を登りきり、ごみ箱のある角を右折。

hyogo-enpeiji08.JPG
突き当たりを左折し、甲子園大学にそって走る。大学前がほぼ中間地点。

hyogo-enpeiji09.JPG
大学を過ぎると山道の激坂コースへ。ゴールまで15%クラスの激坂続き。

hyogo-enpeiji10.JPG
1.7km地点の一つ目のヘアピン。えんぺい寺休憩所がある。

hyogo-enpeiji11.JPG
2つ目のヘアピンはコンクリート舗装となる。

hyogo-enpeiji12.JPG
終盤の石橋。ここを越えるあたりから猛烈に路面が荒れてくる。
落ち葉はもちろん、舗装は砂に埋まり、半ダート状態に。
落車しないよう注意(特に下り)。ゴールスプリントはまず不可能。

hyogo-enpeiji13.JPG
ゴールの塩尾寺門前。寺内に休憩できるベンチあり。
posted by hillclimb TT at 23:40| 兵庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月20日

桜台

hyogo-sakura0a.JPG
hyogo-sakura0b.PNG


スタート地点:阪急中山駅東の踏み切り北交差点
ゴール地点 :中山桜台7丁目住宅地の終着点(行き止まり)
標高差 :321m   距離 :4.0km
平均斜度:8.0%  最高斜度:15%弱?

宝塚市の長尾山系の中腹にある高台のニュータウンを縫うように登るコース。
麓には中山寺がある。
前半は車どおりのある急坂、中盤は車も減り、やや勾配がゆるむ。
後半は住宅街中の坂を縫うように登る。
路面は良好。見晴らしも良い。
分岐が多いが、基本登りのある方向に走っていくと間違いにくい。
走行前にストリートビューや当サイトで予習をしておくことが無難。

hyogo-sakura01.JPG
スタート地点。阪急中山駅の東側踏み切りを越えた交差点よりスタート。
駐車場が目印。スタート地点から中山寺が見える。

hyogo-sakura02.JPG
序盤は10%を越える勾配強めの坂が続く。
スタート後少しすると高級住宅街沿いに15%ほどの急坂あり。

hyogo-sakura03.JPG
850m地点の中山台一丁目分岐交差点。信号あり。右側に登る。

hyogo-sakura04.JPG
1.5km地点の中山台ニ丁目T字路。信号あり。左方向へ登る。
しばらく道なりに登っていく。

hyogo-sakura05.JPG
中間地点すぎの桜台二丁目バス停付近。この近くはかなり勾配が緩む。

hyogo-sakura06.JPG
2.6km地点の桜台四丁目交差点を左折し登る。飛び出し坊やが目印。
まっすぐ行くと下ってしまうので注意。

hyogo-sakura07.JPG
道なりに進んでいく。暫く行くと桜台六丁目の分岐。
検問小屋のある方面に登る。以後中山桜台コースと合流。
まっすぐ行くと下ってしまうので注意。
終盤も序盤ほどではないにしろ勾配はきつい。夜間は検問に止められる。

hyogo-sakura08.JPG
道なりに進み、ゴミ箱のある角を左折し登る。

hyogo-sakura09.JPG
白い豪邸手前で右折するとまもなくゴール。

hyogo-sakura10.JPG
ゴール地点。行き止まりとなる。

hyogo-sakura11.JPG
スタート地点からすぐそばの中山寺。西国三十三箇所第24番札所。
安産の寺として知られる。
posted by hillclimb TT at 23:30| 兵庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする